読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭鉱の抜け穴

不可解なことの覚書 チラシの裏

お遍路 2014/7/22

 翌日もよい天気です。 

f:id:oborodukiyo22:20140722052102j:plain

 五時半です。

f:id:oborodukiyo22:20140722052622j:plain

 出発します。川を渡り歩き遍路の道に進みます。

f:id:oborodukiyo22:20140722054329j:plain

 朝靄の中歩いていきます。

f:id:oborodukiyo22:20140722061319j:plain

 地図を確認します。川と線路沿いの道です。

f:id:oborodukiyo22:20140722061925j:plain

朝日が見えてきました。

f:id:oborodukiyo22:20140722062031j:plain

 老婆ユリが咲いています。

f:id:oborodukiyo22:20140722062101j:plain

 鬼百合も咲いています。

f:id:oborodukiyo22:20140722062627j:plain

 田園の中の見晴らしのいい道です。

f:id:oborodukiyo22:20140722063113j:plain

 来た道を振り返ると、朝日が山際から出ています。

f:id:oborodukiyo22:20140722063121j:plain

  朝の電車が走ってきました。

f:id:oborodukiyo22:20140722063313j:plain

 カワウソのレリーフの付いた橋を渡ります。日本カワウソは絶滅種指定されていますが昔は沢山この辺りにいたのかもしれないと通ります。

f:id:oborodukiyo22:20140722070933j:plain

 この日は、お昼頃まで歩いて、近くの駅から引き返す予定です。

f:id:oborodukiyo22:20140722071215j:plain

 熊井トンネルが見えてきました。

f:id:oborodukiyo22:20140722071334j:plain

「明治38年(1905年)12月に工事が完成し、長さ90メートルあり、「トンネルというものは入口は大きいが出口は小さいものぢゃのう」といった人があるという。

 レンガは佐賀港から一個一銭の運び賃で小学生などが1~2個ずつ運び、熊井側入口の石張は2人の職人が右と左に分かれ腕前を競ったと言われる。

 昭和14年(1939年)までは剣道として利用され、現在はわずか土地の人の通行に利用されているのみである。 

 近代土木遺産に指定されてます。」

f:id:oborodukiyo22:20140722071357j:plain

 後ろは振り返らずに足早に通ります。

f:id:oborodukiyo22:20140722071535j:plain

 トンネルを抜けます。後ろが明るくて良かったです。

f:id:oborodukiyo22:20140722071541j:plain

 トンネルを出たところです。

f:id:oborodukiyo22:20140722072502j:plain

 線路沿いに進みます。

f:id:oborodukiyo22:20140722074838j:plain

 坂道に昔話の案内がありました。ほら貝と修験者のお話です。

f:id:oborodukiyo22:20140722075911j:plain

 カツオが見えてきました。佐賀町です。 

f:id:oborodukiyo22:20140722082719j:plain

 佐賀漁港です。島が見えます。

f:id:oborodukiyo22:20140722083535j:plain

  鹿島が浦です。

f:id:oborodukiyo22:20140722083605j:plain

 この辺りで、何か気になるほのめかしを受けたのですが、なんといっているのかよくわかりませんでした。f:id:oborodukiyo22:20140722083817j:plain

 鹿島です。特徴のある島です。

f:id:oborodukiyo22:20140722084425j:plain

 これを絵にうつしてみたしかすむ島佐賀山や都めかして八重さくら 安政5年?3月11日 防意軒半開 の句

f:id:oborodukiyo22:20140722084913j:plain

日が上るにつれきて気温が上がってきます。

f:id:oborodukiyo22:20140722084924j:plain

 佐賀公園です。

f:id:oborodukiyo22:20140722084928j:plain

  展望台があります。

f:id:oborodukiyo22:20140722085704j:plain

 駐車場があります。

f:id:oborodukiyo22:20140722091110j:plain

 海岸沿いです。

f:id:oborodukiyo22:20140722091121j:plain

 景色がおもしろいです。

f:id:oborodukiyo22:20140722091250j:plain

緑が勢いがあります。

f:id:oborodukiyo22:20140722091309j:plain

  今日は三連休明けの平日だったことを思い出します。

f:id:oborodukiyo22:20140722091322j:plain

 太平洋です。

f:id:oborodukiyo22:20140722092644j:plain

 大き目の石がゴロゴロしています。

f:id:oborodukiyo22:20140722092725j:plain

  波がおもしろいので長々眺めていました。

f:id:oborodukiyo22:20140722092734j:plain

 海沿いに歩いていくと、遠くにビニールハウスがみえてきました。

f:id:oborodukiyo22:20140722092812j:plain

 こんな炎天下で、こんな暑い場所で、いったい何が育つのだろうと思っていました。

f:id:oborodukiyo22:20140722092857j:plain

 近寄って中を覗いてみます。

f:id:oborodukiyo22:20140722092950j:plain

 人もいないし、何もなかったので、今は使ってないのかと思い離れます。

f:id:oborodukiyo22:20140722093038j:plain

  後から、バスの中でもらった『旅たび高知13』のフリーペーパーを読んでいたら、通ってきた場所の紹介が載っていました。

f:id:oborodukiyo22:20140722093106j:plain

 ビニールハウスでは天日塩を作っていたとわかりました。

f:id:oborodukiyo22:20140722093139j:plain

 きゅうりと一緒にいただいた塩もここで作られた塩だったのかもしれないと思いました。

f:id:oborodukiyo22:20140722094008j:plain

 草の丈が随分高いです。

f:id:oborodukiyo22:20140722095145j:plain

 大きな岩です。

f:id:oborodukiyo22:20140722095218j:plain

 海岸沿いに歩いていきます。柵の色が白ではなくこげ茶です。

f:id:oborodukiyo22:20140722095231j:plain

 大昔に流れた溶岩が冷えてそのまま固まったようにみえます。

f:id:oborodukiyo22:20140722095319j:plain

 海を眺めます。

f:id:oborodukiyo22:20140722095330j:plain

硬そうな海岸です。

f:id:oborodukiyo22:20140722095342j:plain

 暑いです。

f:id:oborodukiyo22:20140722095436j:plain

 先ほどの岩近くまで歩いてきました。

f:id:oborodukiyo22:20140722095457j:plain

 大きな岩の天辺にある標識です。何の印なんでしょうか。

f:id:oborodukiyo22:20140722100912j:plain

歩いていくと木陰があり一休みしました。

f:id:oborodukiyo22:20140722100923j:plain

途中で小豆アイスを食べて休憩です。f:id:oborodukiyo22:20140722102017j:plain

 伊田トンネルです。

f:id:oborodukiyo22:20140722105153j:plain

 蝶が飛んでいて写真を撮ろうとするのですが、木の上の方に飛んで行ってしまいます。

f:id:oborodukiyo22:20140722105323j:plain

 トンネルの中の道に違う種類の蝶がいました。アオスジアゲハです。f:id:oborodukiyo22:20140722105537j:plain

 トンネルを抜けました。 

f:id:oborodukiyo22:20140722110005j:plain

井川駅まできて今回はここまでです。

f:id:oborodukiyo22:20140722110014j:plain

トイレがなかったので、近くの簡易郵便局でお借りしました。ありがとうございます。 

f:id:oborodukiyo22:20140722110030j:plain

カラスの羽が落ちていました。烏の羽は自分にとっての、進路、選択が合っている印と思っています。

f:id:oborodukiyo22:20140722110005j:plain

海沿いの道で見かけた看板に、不思議な生物に見えるような絵と言葉が書かれていました。

f:id:oborodukiyo22:20140722114034j:plain

 私はそれをてんでんこと読んで、なにか地元の民話にでてくる妖怪の名前かなとおもったので、興味があり伺ってみると、知らないとのことで、それから郵便局の方がひらめいて、てんでいこう、それぞれで行こう、逃げようという津波の時の行動について描かれたものもとわかりました。 

f:id:oborodukiyo22:20140722114038j:plain

  海は結構下に見える高い場所にあった看板でした。f:id:oborodukiyo22:20140722122535j:plain

 駅は空中にある見晴台のようで景色がよく見えます。

f:id:oborodukiyo22:20140722122546j:plain

時刻表が置いてあり、やなせたかしのイラストのキャラクターが表紙でした。

f:id:oborodukiyo22:20140722123108j:plain

 通ってきた道を眺めながら高知駅まで戻ります。

f:id:oborodukiyo22:20140722123155j:plain

 長い時間かけて歩いて来た道をあっという間に通り過ぎます。

f:id:oborodukiyo22:20140722123413j:plain

 先ほどの島が見えてきました。

f:id:oborodukiyo22:20140722123434j:plain

 土佐くろしお鉄道です。

f:id:oborodukiyo22:20140722123539j:plain 

 すれ違う列車です。ジョン万次郎とジンベイザメの里 土佐清水市と書かれています。

f:id:oborodukiyo22:20140722124804j:plain

 海沿いから山沿いの道に進みます。

f:id:oborodukiyo22:20140722141202j:plain

 駅に高知線の歌が書かれていました。4番と五番です。昭和7に作られているようです。

f:id:oborodukiyo22:20140722142729j:plain

生姜畑があります。

f:id:oborodukiyo22:20140722143321j:plain

 聞き覚えのある名前の駅を通り過ぎます。

f:id:oborodukiyo22:20140722143456j:plain

 次回の進路なども考えつつ過ごします。

f:id:oborodukiyo22:20140722143537j:plain

 蒲がはえています。

f:id:oborodukiyo22:20140722143717j:plain

  通った覚えのある川を渡ります。仁淀川。もうすぐ到着です。14時30過ぎです。時間が早かったので、古本屋さんに行くとほしかった昔の本が何冊かありました。今回はここまでです。