読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭鉱の抜け穴

不可解なことの覚書 チラシの裏

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 53

2016/01/28 (木) 13:32

見えないけどあるもの。奥の手。変性意識状態。奥の手とは、武道をしていてその奥義に、普通二本ある腕の他に見えない手が二本あるらしいこと。エジプトのレリーフにもかかれてある?

変性意識は1900年代に脳波が測定できるようになり、それによって視覚でわかります。今はどこまでわかっているのか見当もつかないけれど。

祝の神事の際は変性意識状態になったようです。ピラミッドの王の間で行われていた元の神事はハトホルの秘儀と言われるもののようです。二つの愛魂が重なりあうことです。後にダ・ビンチコードに出ていたフリーメーソンの儀式のようなのは誤った解釈でハトホルの秘儀が行われているとありました。

王のは儀式を行う装置で石は魂を溶け込ませ秘儀を行うのに向いた石のなのだそうです。

 

二つの魂をということはもう一人男性と女性がいるわけですが、どうしてかはわかりません。数ヶ月前に読んだ漫画雑誌に、乱れた山の調和を戻すため、霊感のある二人の男女に昔のジャーマン的な霊が降りてきてあわの歌を歌うという儀式がされた話を読んだので、あなたと私ということ、陰陽ということなどで必要なのかもしれません。

 

 私は谷山浩子の歌を聴くのですが、「あなたに会うために私は生まれた それは遠い過去からの約束なの 私の人生があなたへと続いてく」や「たとえ魂だけになっても君に会いたい」という歌詞があり、一緒にいった女の人は姪ですがそういう因縁のある魂の生まれの人です。だから、郵便局の小人が迷わずエースにするような関わりがあった魂同士のようにおもいます。でもそういう魂同士はピラミッド限定で魔法がおこるわけでもないかもしれないとおもいます。

 

 

奥の手は、私がもう命が尽きるのかなと思ったときつかんでくれた人がいたと思い、逆に私がそうしたこともあるかもしれないと思ったから気になりました。