読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭鉱の抜け穴

不可解なことの覚書 チラシの裏

お遍路 21 2014/5/22 5/23

  前日から宿泊していて、JR高知駅へ向かいます。 

f:id:oborodukiyo22:20140523053543j:plain

 朝日が昇ってきました。 

f:id:oborodukiyo22:20140523060950j:plain

 前回の続きの地点まで、後免駅で乗り換えて、土佐くろしお鉄道で唐浜駅まで戻ります。

f:id:oborodukiyo22:20140523061007j:plain

  以前、ブログでごめん駅の事を少し書いたのですが、思い違いをしていたようで、乗り継ぎのためにこの駅まで来たのでした。やなせたかしの詩とアンパンマンの石碑があります。

f:id:oborodukiyo22:20140523072857j:plain

  唐浜駅に着きました。

f:id:oborodukiyo22:20140523072918j:plain

  ヘンロ君がキャラクターです。

f:id:oborodukiyo22:20140523075241j:plain

 何となく気配がして、空き家をのぞくときれいな目の猫がいました。 

f:id:oborodukiyo22:20140523075307j:plain

  お遍路さんが前方を歩いていて、鈴の音が響きます。

f:id:oborodukiyo22:20140523075349j:plain

 海沿いの道を歩いて行きます。

f:id:oborodukiyo22:20140523080951j:plain

 防波堤歩道へ向かいます。

f:id:oborodukiyo22:20140523081019j:plain

 海の様子です。

f:id:oborodukiyo22:20140523081034j:plain

 良い天気です。

f:id:oborodukiyo22:20140523081115j:plain

 大山岬です。岩の造形が続きます。

f:id:oborodukiyo22:20140523081232j:plain

 鳥がいました。海と反対の右側に大きな岩が見えてきました。

f:id:oborodukiyo22:20140523081334j:plain

 到着しました。岩が刳り貫かれたような場所に大師像がありました。 

f:id:oborodukiyo22:20140523081452j:plain

 地蔵洞とあります。

f:id:oborodukiyo22:20140523081544j:plain

 中を通って行きます。小さい空間でした。すぐに外に通じています。 

f:id:oborodukiyo22:20140523081826j:plain 

 先ほどの場所へ。誰かお祀りした後なのか煙っていて差し込む光が幻想的でした。

f:id:oborodukiyo22:20140523081744j:plain

  再び海沿いの道を進みます。

f:id:oborodukiyo22:20140523082026j:plain

 進行方向の風景です。

f:id:oborodukiyo22:20140523082301j:plain

 愛妻歌碑とあります。鹿持雅澄(1791~1895年) 秋風の福井の里に妹をおきて安芸の大山越えかてぬかも 愛妻歌碑とは、珍しいと思いました。

f:id:oborodukiyo22:20140523082448j:plain

 弘田龍太郎(1892~1952)大正・昭和期の作曲家 浜千鳥の歌碑です。

f:id:oborodukiyo22:20140523083432j:plain

 港が見えてきました。向こうには伊尾木漁港緑地公園があります。道の駅大山です。

f:id:oborodukiyo22:20140523085737j:plain

 朝食は食べたのですが、こちらで再び食べました。

f:id:oborodukiyo22:20140523085901j:plain

 岩が続いていたのですが、石になってきました。

f:id:oborodukiyo22:20140523081744j:plain

 視界が広いです。

f:id:oborodukiyo22:20140523090423j:plain

 歩きやすい道です。

f:id:oborodukiyo22:20140523090203j:plain

 反対側には線路が走っています。

f:id:oborodukiyo22:20140523091027j:plain

 列車がやってきました。ラッピングがそれぞれ違うので、写真を撮ろうと思うのですが、気が付いた時には通り過ぎています。

f:id:oborodukiyo22:20140523092009j:plain

 線路です。いおき駅のあたりからルート55を進みます。

f:id:oborodukiyo22:20140523094155j:plain

 休憩所が見えてきました。

f:id:oborodukiyo22:20140523094912j:plain

 伊尾木川です。

f:id:oborodukiyo22:20140523095108j:plain

 橋を渡って行きます。

f:id:oborodukiyo22:20140523095121j:plain

 鳶が頭上を飛んでいきます。

f:id:oborodukiyo22:20140523095901j:plain

 安芸川です。

f:id:oborodukiyo22:20140523095941j:plain

 青いおだやかな海が見えます。

f:id:oborodukiyo22:20140523100349j:plain

 安芸市津波避難タワーがありました。

f:id:oborodukiyo22:20140523100618j:plain

 鯉が泳いでいました。

f:id:oborodukiyo22:20140523100643j:plain

 光の粒がくっついているみたいです。

f:id:oborodukiyo22:20140523100654j:plain

  安芸市の市内を歩いていきます。

f:id:oborodukiyo22:20140523102341j:plain

 路地の向こうにのんびり毛づくろいをしていた猫がいたので声をかけると、え、私というようにびっくりした顔でこちらを向きました。

f:id:oborodukiyo22:20140523102641j:plain

 昔ながらの家があります。寄り道して、食品など買い物をしたいような道です。

f:id:oborodukiyo22:20140523103352j:plain

 カリヨン広場越えて、再び海沿いの道を進みます。

f:id:oborodukiyo22:20140523105537j:plain

 四角いブロックが積まれています。

f:id:oborodukiyo22:20140523105619j:plain

 高知安芸自転車道です。自転車の走りやすい安全な道です。時折自転車の人とすれ違いました。

f:id:oborodukiyo22:20140523110838j:plain

 穴内地区です。桜の巨木があるようです。

f:id:oborodukiyo22:20140523110948j:plain

 桜の木を見に、お参りしていこうと思いました。

f:id:oborodukiyo22:20140523111146j:plain

 草が茂っていて断念します。振り返って眺めた景色です。

f:id:oborodukiyo22:20140523111550j:plain

 休憩所です。ここでお昼にしました。

f:id:oborodukiyo22:20140523112702j:plain

 見かけない鳥がいるのですがうまく撮れませんでした。

f:id:oborodukiyo22:20140523113233j:plain

出発します。殿様飛蝗?

f:id:oborodukiyo22:20140523113252j:plain

 逃げる気配もなく、こちらを見ていました。

f:id:oborodukiyo22:20140523114047j:plain

 放し飼いをされている、ニワトリ一家がいました。

f:id:oborodukiyo22:20140523114454j:plain

  海岸沿いに高い建物があり、なんだろうと思っていたのですが、高さ16メートルの日本一高い防波堤だったのかもしれません。どこでお会いしたのかわからなくなってしまったのですが、港の近くで見事にコーヒー色によく日焼けした方に、近くだからどうぞと飲み物をすすめていただいたのですが、何となく断ってしまい、後でお遍路さんは頂いたものはありがたく受け取るものだと思いだし、自分にではなくお遍路さんにでもあるのにと思い返しました。ありがとうございました。

f:id:oborodukiyo22:20140523114753j:plain

 ふしぎな景色です。

f:id:oborodukiyo22:20140523114721j:plain

 空の様子です。

f:id:oborodukiyo22:20140523114638j:plain

 海に入れられた角砂糖のようです。

f:id:oborodukiyo22:20140523115056j:plain

 日本ではないどこか違う場所に紛れ込んだような感覚になります。

f:id:oborodukiyo22:20140523115627j:plain

 海岸が見えてきました。

f:id:oborodukiyo22:20140523115655j:plain

 穴内の海岸です。

f:id:oborodukiyo22:20140523115733j:plain

 波を眺めます。

f:id:oborodukiyo22:20140523120658j:plain

 海岸が下の方に見えてきました。

f:id:oborodukiyo22:20140523120746j:plain

 八流山 極楽寺に向かっています。

f:id:oborodukiyo22:20140523122147j:plain

 到着します。しばらく休憩しました。

f:id:oborodukiyo22:20140523122245j:plain

 番外霊場です。お参りします。

f:id:oborodukiyo22:20140523124214j:plain

 赤野です。長い砂浜が続いています。

f:id:oborodukiyo22:20140523124950j:plain

 赤野休憩所です。まだこの頃は自分でもどうしようもない気持ちを山ほど引き摺って歩いていて、ムーミンのトゥーティッキのイラストのついたTシャツを着ていたことを思い出します。

f:id:oborodukiyo22:20140523125719j:plain

 風がさわやかです。

f:id:oborodukiyo22:20140523130020j:plain

 緑の季節、良い天気で、メルヘンチックな感じの場所です。

f:id:oborodukiyo22:20140523130049j:plain

 荷物も降ろし、しばらく過ごしました。

f:id:oborodukiyo22:20140523130406j:plain  遊びに来ている人や、休憩中の人など、景色のよい場所です。

f:id:oborodukiyo22:20140523130811j:plain

 歌碑と童謡の碑です。

f:id:oborodukiyo22:20140523130919j:plain

 再び歩き出します。桜並木です。桜の咲く頃も通ってみたい道です。

f:id:oborodukiyo22:20140523131114j:plain

 土佐くろしお鉄道が見えます。

f:id:oborodukiyo22:20140523131147j:plain

 アマリリスのような赤い花が咲いていました。

f:id:oborodukiyo22:20140523131310j:plain

 列車が通って行きます。細い緑の垣根のような道を進みます。

f:id:oborodukiyo22:20140523132712j:plain

 唐浜駅の近くで前方を歩かれていたお遍路さんとこちらの接待所でお会いしました。初め顔を見た時ちょっとびっくりしたのですが、今回のお遍路に来られた時にメガネを壊すような転び方をして、顔を擦ったようなケガをしてしまったとお聞きしました。記念に電車の写真を撮影されているそうです。こちらの接待所は人形が出迎えてくれました。お遍路の不思議なご利益などについての話や人形と一緒の写真などを撮っていただきました。

f:id:oborodukiyo22:20140523134704j:plain

 サイクリングロードを進んでいきます。ニオイバンマツリが咲いていました。

f:id:oborodukiyo22:20140523140100j:plain

 琴ヶ浜へ。

f:id:oborodukiyo22:20140523140316j:plain

 海が見えます。

f:id:oborodukiyo22:20140523141545j:plain

 松原の道です。きれいな道です。ゴミが落ちていたので、目に付いた時にはなるべく拾って歩きました。

f:id:oborodukiyo22:20140523142541j:plain

 鳩がいるようです。

f:id:oborodukiyo22:20140523142619j:plain

 海です。

f:id:oborodukiyo22:20140523142645j:plain

 空です。まぶしいです。

f:id:oborodukiyo22:20140523142815j:plain

  海水健康プールです。トイレをお借りします。自動販売機があるのはお遍路をしているとき有り難いです。

f:id:oborodukiyo22:20140523143013j:plain

 琴ヶ浜野外劇場にあるお龍君江姉妹像です。

 

f:id:oborodukiyo22:20140523145015j:plain

 再び遍路道へ。防風林なのか、強風にさらされてきたためか、随分と曲がってしまったようです。

f:id:oborodukiyo22:20140523145215j:plain

 鉄道が並行してあるので、駅のキャラクターを見に行きました。つきこちゃんです。

f:id:oborodukiyo22:20140523150653j:plain

 鉄道の高架下に善根宿がありました。

f:id:oborodukiyo22:20140523150730j:plain

 電車が通るのが見えます。

f:id:oborodukiyo22:20140523151154j:plain

 海沿いを歩いていきます。

f:id:oborodukiyo22:20140523151438j:plain

 花が沢山咲いています。 

f:id:oborodukiyo22:20140523151542j:plain

 扉の向こうから見える海が、すぐそこにある夏のようです。

翌朝の食事を買おうと旅館に着く前にあるコンビニを探しながら歩きます。行きつ戻りつして探し、地図とは変わっているようでした。

f:id:oborodukiyo22:20140523152240j:plain

 近くの老人ホームにお遍路さん休憩所がありました。外国人の歩きお遍路さんと出会い、休憩所で飲み物と手作り紙袋をいただきました。お遍路さんはほぼ手ぶらだったので、もしかしてものすごい達人のお遍路さんかと思いましたが荷物は別に送られていたそうです。誘われてホームの方に行き、お礼の挨拶をして出発しました。

f:id:oborodukiyo22:20140523162416j:plain

 車道から下に降りて、通学路のようです。

f:id:oborodukiyo22:20140523162425j:plain

 何となく、おかしいです。

f:id:oborodukiyo22:20140523162449j:plain

 象もいました。もう少しで宿のようです。

f:id:oborodukiyo22:20140523162845j:plain

 地図をあまり確認せず、こちらだろうと歩いてきます。

f:id:oborodukiyo22:20140523162937j:plain

 間違えていました。景色が良かったです。近くの男の子が、元気よく挨拶してくれました。どこに行くのかと聞かれました。

f:id:oborodukiyo22:20140523164024j:plain

 もうすぐ宿です。アスファルトの上で、猫が伸びていました。

 今回読んでいたマンガは、『賭博破壊録カイジ』の誰も勝つことのできないパチンコ台「人食い沼」です。偶然にしても、離れたところで自分とリンクするような大変な事態があり息が詰まりそうになりながらギリギリそこから逃れられたなにかを暗示するかのようなのを選んでいるように思われました。