読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭鉱の抜け穴

不可解なことの覚書 チラシの裏

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 47

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ

2015/12/22 (火) 12:35

超常現象について霊現象について、私は視覚でみたりはないけれど、『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』の映画でボダッハという悪霊が出てくるはなしと聊斉志異の画壁をドラマでしているのをみて、もしも見える人が視ていたらこういう感じだったのかなと思いました。

 

ボダッハは、陰惨で残酷な死や出来事が起きそうな場所に現れるのですが、だんだん集まってくるのは怖かったです。良くできていて、アメリカの?悪霊はメタリックでハイテクな感じのする姿でしたがやはり恐いです。

 

 

 ドラマの方は、お寺が妖怪の住みかになっているのですが、徳の高いお坊さんとおもわれる人物の廻りを黒い靄のような煙のような感じで縦横無尽に動いていました。私にはみえないけど姿がないから見えないのかもしれません。

昔の話ですが、「山に妖怪がいるなんて話したら、都の人に頭がおかしいと思われるよ」となぜ寺をこのままにしているのか、その場に訪れた主人公に話していたので、その頃もそうだったのだなと思いました。

 

私がミレニアム版幻魔大戦と呼んでいるころ、夜おかしな霊的攻撃にあっているころ、薄皮一枚のような感じのバリアの外に、もし見えていたら、ボダッハみたいなのがいっぱい集まっていたのではないかと思いました。

2015/12/24 (木) 13:20

ある占星術の本をこの前読み返していた。まだ、その人のことを信じていて、手紙のやり取りを熱心にしていたころ借りて、そのまま返す機会がなくなり持っている本で、二十代のころ本屋でよく目にした大型のです。表紙が私にとってはバンパイアハンターDの幻想的なイラストを描くひとの絵の。

 

自分に該当する所を読んで、その時は特におもわなかった箇所が目について。相性占いのページで、土星かなにかのアスペクトだから、試練や抑圧ということでこういうことがかかれているのかと、恋愛のアドバイスとしてありそうなことが書かれていたけれど、今回、執筆者のホロスコープ知ってからよみ、「なになにで単にうるさいだけの存在になりなんたら」とありうるさいの横に点々が強調するように打たれていて、他の箇所では見当たらなかったので、故意なのかと思うことがありました。私はそのころその人と面識もなければなにか特別な感情もありませんでした。自分と関わりがあるとも思っていませんでした。

2015/12/24 (木) 13:48

その頃もユングについてかかれてある文章を読んだときは、まだ占星術の知の地平線を拡げよう。未知の事柄にも固定観念で決め付けずに取り組もうという情熱があったように感じていました。

若かったからかもしれませんが、今は少しちがうようにおもいます。

2015/12/25 (金) 13:40

愛が呼吸がぴったりあうことだったら、私は早く終わらないかなと息をつめている時間があり。そういうのから楽になりたくて、嫌がらせが終わるようにと、いうのはドナドナの曲が聞こえるようであり。三次元なら三次元でもう少し現実で親しくなってそっくりな人と区別がつかないままでは、やっぱり神様からみて、魂の契約がないのではないかと思う。

お遍路さんの本に『十二因縁の八番目は愛です。幼少期から成長して、いよいよ思春期に入りました。人は誰でも気が会いそうなひとと虫の好かないひとを区別する心をもっています。まったくの初対面なのに、十年も前から知っていたような感じのひと。いや、それよりもずっと以前の生まれる前から会っていたような親しさを感じる人がいます。』それで、その人と私の間にはそのような強い関係は因縁はなくて、それでこのようなのは他人の辻褄あわせのようにかんじるのではないかと思う。好きな異性に霊感で問いかけて、向こうも好意を持ってれいれば温かい波動がかえってくる。と別の本でよみ、でもそれって霊感で特別なのかよくわからないけど、猫や犬がこの人間が猫好きいぬ好きと見抜くのと同じようなものにも思う。もしあったら、郵便局の小人が温かい波動で区別したように、届くと思うけど、感じられないし、三次元で現実に小さいなにかを積み上げていって何かジャック以上のものができたらいいねっていう。

 

イグアナの娘は、それでもちゃんと恋愛しで失恋してまた好きになって、ちゃんと自分が幸せになれるひとを選んで幸せな笑顔が自然に浮かぶひとと結婚した。

でもそれは盛大な豪華な結婚式ができたからではない。もっと別なことが大事で、その人の乗り越えることだったからか。