読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭鉱の抜け穴

不可解なことの覚書 チラシの裏

2014/07/04 (金) 0:56

今日は睡眠妨害の嫌がらせ電波が強いです。

声も聞こえています。「いつまでいってもとおらーん」「いかーん。いかーん。」「中学生レベルじゃなかったけんなんよ。」「中途半端じゃ通らん、なんぼしたってとおらんのよぉ」「嫌われとったら何してもいかんのよぉ」少し舌足らずのような若い女の声。半泣きぎみのような口調で。「使い捨て」これは現実でのまえきいた仄めかし。

それにしてもどこがこんな嫌がらせをしてくるんだろう。一般人の持つ技術と経済力ではないだろう。それだけのものがあるのならもっと別のいいことにその力を使えばすごいことができそうなのに。