読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭鉱の抜け穴

不可解なことの覚書 チラシの裏

お遍路 12

お遍路

    朝、窓からの景色です。山に霧がかかっています。

f:id:oborodukiyo22:20130824073426j:plain

 出発します。しばらくは民家が続く道を山のほうへ登ってい行きます。

f:id:oborodukiyo22:20130824080102j:plain

 臭木が咲いていました。

f:id:oborodukiyo22:20130824080623j:plain

 石の積んである道がありました。烏が鳴いていたりします。山に果樹園(ミカン畑)か畑があるようで、軽トラックのおじさんにお会いし、歩きのお遍路は大変ですというようなことを言ったためか、歩きやすい道を教えていただきました。ですか、やはり地道に遍路道を歩いていきます。速くは進めませんが、ゆっくりだと案外歩けます。

f:id:oborodukiyo22:20130824081953j:plain

  細い山道に入っていきます。雨が時々降ってきました。

f:id:oborodukiyo22:20130824082158j:plain

 水呑大師です。

f:id:oborodukiyo22:20130824083709j:plain

 山道を登っていきます。

f:id:oborodukiyo22:20130824084340j:plain

 霧の中を進むので、神秘的な感じです。この道も、「一に焼山、二に御鶴、三に太龍」と昔から言われてきた難所だそうです。

f:id:oborodukiyo22:20130824085322j:plain

 見晴らしの良いところに来ました。霧がかかって墨絵のようです。

f:id:oborodukiyo22:20130824085415j:plain 

 途中、山が崩れたのか、細い道に金属の橋を架けて道を繋いでいる箇所がありました。山道を登り、手前の駐車場らしきものが見えてきて、あとちょっと、と深呼吸したくなるタイミングで左側を見ると窓からおじさんの顔が。トイレでした。以前は違う場所にあったようですし、トイレはトイレで大事です。ですがあの場所になくてもいいのに!と思われた瞬間でした。次に登る機会があれば気を付けようと思います…。

f:id:oborodukiyo22:20130824091249j:plain

 仁王門が見える坂道を登っていきます。20番 鶴林寺です。

f:id:oborodukiyo22:20130824093917j:plain

 三重塔です。

f:id:oborodukiyo22:20130824093926j:plain

 向うに小さな神社がありました。

f:id:oborodukiyo22:20130824094147j:plain

 阿吽の姿の鶴の像です。

f:id:oborodukiyo22:20130824094300j:plain

 大師がこの地で修行中に見たと伝わる、伝説の白鶴の像だそうです。

f:id:oborodukiyo22:20130824094317j:plain

 霧雨の中、百日紅が鮮やかでした。

f:id:oborodukiyo22:20130824094427j:plain

 苔むした階段が見えたので、そちらに進む途中です。

f:id:oborodukiyo22:20130824094650j:plain

 登ると神社のような建物がありました。

f:id:oborodukiyo22:20130824094905j:plain

 階段です。

f:id:oborodukiyo22:20130824094941j:plain

 百日紅の木から三重塔の方角です。

f:id:oborodukiyo22:20130824095931j:plain

 本堂です。

f:id:oborodukiyo22:20130824100734j:plain

階段を下りて太子堂に向かいます。

f:id:oborodukiyo22:20130824101655j:plain

 

 仁王門です。運慶作と伝わる仁王像が立ちます。山号は、インドの山の一つ「霊鷲山」に似ていることからつけられたそうです。

f:id:oborodukiyo22:20130824101911j:plain

 太子堂です。

f:id:oborodukiyo22:20130824102020j:plain

 仁王門の方角です。杉の木が並んでいます。お参りを済ませ山道下り、次の太龍寺へ進みます。

f:id:oborodukiyo22:20130824105044j:plain

 山道を下りていきます。地面と同じ色のカエルが跳ねていきました。

f:id:oborodukiyo22:20130824110408j:plain

 しばらく行くと道路に出て、こちらに進みます。歩きお遍路さんの男性がすいすい歩いて来られて、すぐに姿が見えなくなりました。

f:id:oborodukiyo22:20130824110442j:plain

 夏草の道を進みます。ヨウシュヤマゴボウの実がなっていました。

f:id:oborodukiyo22:20130824111323j:plain

 わぁ、カニだと喜んだもの束の間、これから先の川沿いの道は、生まれたばかりの小さいカニから、大きなカニまでわさわさいます。

f:id:oborodukiyo22:20130824111346j:plain]   

 カニはやっぱり横歩きをするのだなと改めて思いました。近づいても身をひそめてじっとしているのも多いですが、動いているほうがどこにいるか分かり易いので、踏んづけそうにならずにすみます。山道を進みます。

f:id:oborodukiyo22:20130824111955j:plain

 道路に出てしばらく行くと神社がありました。小さい狛犬がいます。道を進んでいくとタヌキの置物のある休憩所がありました。

f:id:oborodukiyo22:20130824113756j:plain

 

 水井橋です。自動販売機で飲み物を買って水分補給します。喉が随分乾いていたようでした。

f:id:oborodukiyo22:20130824113927j:plain

 那賀川です。きれいな水が流れていて、見晴らしがいいです。

f:id:oborodukiyo22:20130824114614j:plain

 再び山道に入ります。鉄砲百合が咲いていました。道路に真横に伸びてきています。

f:id:oborodukiyo22:20130824120942j:plain

 若杉山遺跡の案内板がありました。「全国最古の辰砂(水銀朱 HgS)生産遺跡です。戦後、みかん畑に開墾される時に発見され、阿南市史跡に指定されています。縄文時代から赤い顔料として土器を彩ってきました。特に古墳時代には、施朱の風習と言って、死者を埋葬するときに赤い顔料で飾ったりするのが流行しました。」と書かれていました。古くから人が住んでいた地帯なのだと思いました。

f:id:oborodukiyo22:20130824121002j:plain

 どれが遺跡なのかよくわからなかったので、近くにある岩を見渡して写真を撮りました。

f:id:oborodukiyo22:20130824121012j:plain

 石が積んであるのですが、ミカン畑を作った跡なのか遺跡なのか、よくわからないのですが、不思議な感じがします。

f:id:oborodukiyo22:20130824124040j:plain

 まだ新しい、舟形丁石案内板がありました。船の形をした道しるべ。1丁(109m)間隔で置かれている。と書かれています。左に写っている大き目の石でしょうか。山道を登っていきます。白い靄がとても濃くなりました。仁王門が見えてきて、坂道を登って行きます。太龍寺到着です。登ってから一休みさせてもらい、山道の途中で見かけたお遍路さんや、お参りに来られた方とお会いします。

f:id:oborodukiyo22:20130824140533j:plain

 本堂です。

f:id:oborodukiyo22:20130824140606j:plain

 ロープウェイ乗り場につづく階段のようです。

f:id:oborodukiyo22:20130824140606j:plain    

 乗ってみたかったのですが、山道のみのお参りです。霧が相変わらずで、幻想的な感じです。

f:id:oborodukiyo22:20130824142726j:plain   

 太子堂を廻るとある建物です。団体のお遍路さんがお参りされていていました。お先達さんが説明されているのを一緒に聞かせていただいたのですが、詳しくは忘れてしましました。西の高野とも言われて、高野山にお参りしたのと同じくらいありがたいそうです。お先達の方が錦札をくださいました。ありがとうございます。

f:id:oborodukiyo22:20130824142833j:plain

 団体の方がお参りを終えてから写真を撮りました。こちらでお坊さんがお勤めされる時間だったのか来られて、写真を撮っていたら気を使っていただきました。

f:id:oborodukiyo22:20130824142933j:plain   

 

  写真よりも、もっと霞がかって別世界のようでした。

f:id:oborodukiyo22:20130824143000j:plain

 かつて三重塔があった場所です。

f:id:oborodukiyo22:20130824143214j:plain

 鐘楼門です。

f:id:oborodukiyo22:20130824144117j:plain

 護摩堂です。厄除けのお願いをしてきました。おみくじがあったので、やはり引いてみたのですが、14番末吉でした。「何事も進んですることはいけません心静かに諸事控えめにして云々」と書かれていて、しょんぼりとした気分になりかけたのですが、やはり今は待つときなのかと思ったのでした。

f:id:oborodukiyo22:20130824150327j:plain

 山門です。来たときは真っ白で、その中にぼんやりと見えていました。お参りをおえた後は、霧がはれてきました。雨具を着ていましたが、腰に赤い大きなぬいぐるみをつけているお遍路さんを見かけ、尋ねると出身地のキャラクターで、野宿をしながらお参りをされているそうです。f:id:oborodukiyo22:20130824150336j:plain

 山門近くの六地蔵です。やはり行きにはほとんど見えませんでした。

f:id:oborodukiyo22:20130824161952j:plain

 山道を下りて、棚田が見えてきました。しばらく行くと今日の宿が見えてきました。

 

 宿は、太龍寺に登るときに後姿をお見かけした男性と、山を降りているとき地図を広げていたら場所を教えてくれたバイクのお遍路さん、団体のお遍路さんが泊まられていました。バイクのお遍路さんは、やさしいハンサムなお兄さん(私の年齢からして相対的に)で、いろいろ話をしていただきました。いつかお先達さんになりたいことや、関東から来られて、福島のニュースで流れない大変な状況のこと、太龍寺は好きなお寺の一つであるけれど、前来た時は2011年7月の台風6号の影響で建物が修復中であって、今回は建物がちゃんと見られたこと。お遍路をしてご利益がありますかと尋ねると、もともといい人だから、良くなったのではとも思われますが、やはりあるといわれていました。13番大日寺をお参りした日にお会いしたお先達さんに尋ねたときもそういわれていたので、何か大変な思いをしたときにお参りをされて、救われたことがあったのかもしれないと思いました。