読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭鉱の抜け穴

不可解なことの覚書 チラシの裏

度忘れ

 確かに覚えているのに、顔も姿もわかるのに名前だけが一時的に消されてしまったように出てこない瞬間がありました。思い出す必要が過ぎたら当たり前のように思い浮かんだのですが。別の人、別の時間でも以前同じ現象があり、どうしても思い出せなくて、一種の記憶操作が行われたのでしょうか。立ちくらみかもしれませんが、同じ場所で前かがみになるような時いつも足元がぐらっと揺れるように感じる場所がありました。前日、集団の若い男子とすれちがったとき、「百均やろ」と非友好的に言っていきました。今日は、車とすれ違う時「地獄だな」というような声が聞こえたように思いました。今も声お化けのほのめかしは聞こえています。そのころは声お化けの攻撃はありませんでしたが、ずっと以前は、「生きてるだけまし」と言われるような状態にあり、いったいどっちがましなんでしょうね。ムーンストーンがしばらく前から気になり、トラウマの癒しとあるのが今日届きました。身に付けていようと思います。