読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭鉱の抜け穴

不可解なことの覚書 チラシの裏

声お化け 聞こえてくる内容

 

声お化けの繰り返し。今日も続いている。いじめられよったんよ。

 

幼稚園でも小学校でも中学校でも高校でも放送大学でもいじめられよったんよ。

 

 

中途半端じゃいかん。いじめられとったらいかん。

 

嫌われとったらいかんのよー。なにしてもいかんのよ。

 

 私を不正な手段で晒し者にしては決していけませんでした。私の書いたものを勝手に盗んで読んではいけませんでした。それは私の命やエネルギーをすいとって痛め付け虐待するのと同じことでした。

繰り返しほのめかし。もしもわたしが壮絶な被害にあっているときにいじめにたいして戦ってくれたり、かばってくれたり、わたしに親切だったりした人なら、今やっていることは意味もあるし、いい人だったのかもしれないが、今あなたのやっていることは、騒音嫌がらせをいっていじめてバカにして楽しんでいるだけだ。

ほのめかしやめてほしい。無関係の癖に家のなかに声で侵入してこないでください。いじめられとったんよーと、聞かされ続けるいじめ。

 

朝は四時ぐらいから始まって、夜は深夜まで続く。最近はどこにいっても嫌がらせの嫌な声が同じことばかり繰り返して聞こえてくる。寝ている間は気づかないだけで、ずっと流されている声なのかもしれません。いかーん!責めるようなのと悪いぃ♪悪いぃ♪と執拗に繰返すパターンが増えた。わたしはこの声の主のことを全然知りません。

 

最近は、いかーんと、悪い、悪いは聞こえませんが、甘ったれた小バカにした女の声なので、とても苛々します。挑発的内容に切れて、嫌な気持ちにさせるのが目的なのでしょうか。嫌がらせばっかりしていたら悪いカルマがいっぱい作られていそうだ。

 

本を読んでいたら、アイドリングをずっとしたままの車が長いこと立ち去りませんでした。