読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭鉱の抜け穴

不可解なことの覚書 チラシの裏

いのり

お遍路 月をおろす

 祈りというのは、いったいどのくらい効果があるのだろう。以前、隕石が地球に落ちそうになった時に、みんなで祈りましょうとNASAかどこかが呼びかけたぐらいだから、きっと何かあるのだろうと思う。

 しばらく前に、「魔女入門」という本を読んでいたら、後ろのほうに魔女術のワークショップというのが載っていて、サイキックのお坊さんの修行の話などとも照らし合わせて、ずいぶんとイマジネーションのかかわる世界なのだなと思いましたが、四方位の瞑想というのがあり、してみたところ、西の水の連想をしていたら妙にイマジネーションが拡がっていき、はじめきれいな清流だったのが、突然水がヤマタノオロチ風に襲い掛かってきて、うわーっと逃げ出したんだけど、どうも攻撃してきたわけではないようで、千と千尋の神隠しで、温泉に入る前の神様か精霊の状態のようで、どうしようと思っていたら、前読んだ漫画にそういう感じの人間離れした霊に何かお願い事をして返ってもらった絵を思い出して、それでどうか水をきれいにしてくださいとお願いしたら、引き返されました。

 それで、去年の年末ぐらいだと思いますが『視えるんです』という漫画を読んでいたら、姫だるまの災厄というお話が載っていて、なんだか私よく無事で生きてこられたなと思われたのでした。

 どうも守ってくださった見えない次元の方々ありがとうございます。

 お遍路では、水の汚染が解決しますようにというのもお祈りしようと思います。