読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭鉱の抜け穴

不可解なことの覚書 チラシの裏

現象

 以前大凶のおみくじを引いたことがある。2002年3月9日だった。『もう 死んでいます。』と書いてあった。今までで一番驚愕の御神籤だった。

 でも、そのおみくじは正確なのかもしれない。社会的な抹殺が行われたということで。高度のテクノロジ―でも起こる超常現象もあるのだろうが、霊的な超常現象もあるとしたら、それらのミックスでものすごく波長が低くて最悪だったのが、2001年だったと思う。911のあった年で、ツインタワーの周りにブンブンUFOが飛び回ってる映像も見たことがある。私の小、中の学校の卒業アルバムは、たしかにあったはずの場所から消えた。以前持っていた創作ノートも大事にしていたのに消えて、ほかにも持っていた大事な本が消えた。人の記憶を勝手に書き換えて、洗脳しようとしたのかもしれない。そこまでの事はできないだろう。人にはそれぞれガーディアンエンジェルのような存在がついているのだから。今も奇妙な現象は続いている。でも、過去の記憶がぶっ飛んでいたハードな年々と比べると、体は楽になった。昨日献血にいったら、献血ができて、血圧も普通になっていた。上が110下が55。以前は、2011年終わりごろまでは、夏でも暑さをあまり感じず、血圧も100なかった。2011年に、何もしてないのに突然鼻血が出てきたり、体が重かったりした。奇妙な蕁麻疹が下半身中心にいっぱい出たこともあった。

 私、今、ぶっ飛んだ記憶をつなぎ合わせる意味でも、『ホンコワ』のとあるマンガを楽しみにしてるんだけど、できたら時期をぼやかさずに書いてほしいと思うし、私が期待するとそれがなくなる現象が多々起こるから途中で連載中止になったら、元も子もないんだけど。

それでも、やっぱりそうなんだってあったよねって思うんだ。