読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭鉱の抜け穴

不可解なことの覚書 チラシの裏

月をおろす

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 56

2016/03/17 (木) 0:01 今月のムーを水木しげるの漫画の付録につられて買い読んでいたら、『日本からあわストーリーが始まります』という本が紹介されていて、そこに「本書は、阿波に残るそれらの史跡や伝承、人物伝に隠された古代阿波のからくりを探り、「(…

ペンギン

2016/03/06 (日) 15:36 私の部屋には、ペンギンのぬいぐるみが飾ってあって、ずっと飾ってあるかもしれないそれは、考え方は色々あって、その人と同じ価値観や考え方の男の人ばっかりじゃないんだよということを、忘れないようにする、私のお守りになると思…

はふりのしんじ

2016/02/26 (金) 7:32 祝の神事の愛魂を重ねるということは、もしかしてこういうことかと思い出したのは、『大霊界 神々の不思議と謎』隈本 確の本です。 016/03/09 (水) 14:15 祝の神事について、こういうことかと思った本は、部分だけ書いたりすると曲解さ…

星  8室海王星

4月に、グランドクロスがあって、どんな影響があったのかと思いました。それ以前にもあったけれど、今回はそれほど、自分に個人的に引っかかってないのか、大変な感じはしていません。あったとしても、今まで見えていなかったものが現象として表れて、長期…

ハルマゲドン

ハルマゲドンは神々の戦いなんですよ、人は手出しできない見ているだけの存在なんですと伝えてもらった時に、「その映画見たことがあります。すごかった。」というようなことを言ってしまったのですが、『インモータルズー神々の戦いー』(2011年11月11日公…

昨日から、本好き天使の読書委員会が近くにいる感じで、ほしい本があり近くに行ったついでに本屋さんに寄ったら、目当ての本は見つけられなかったのですが、数日前から名前だけ知った本が偶然あり、それから好きな作家さんにはひそかにミーハーであだ名をつ…

瀬をはやみ

崇徳院の事が気になってネットで検索していたら、「怨霊になった天皇」という本があり、まだ全部読んでいないけれど、もういい神さんにならはってるという一文があり、それを読んでなんとなく私もそうじゃないかと思っていたので納得しました。 いま一番伝え…

昨日は、庭でからすの羽を見つけました。烏は時々やってくるのですが、羽が落ちていたのは珍しいです。それから、アーチになった虹を見ることができました。 声お化け(霊的なものではなくてテクノロジー犯罪による)やほのめかしの被害は相変わらず続いてい…

本 『スピリチュアル ガイド 2』

先週の日曜日、この本を読み返していました。以前読んだときはあまりピンとこなかったところも、今回はなるほどとわかったところもあったのでした。別の場所でアカデミックな機関で学問的研究者ばかりではなく実践者も学べる機会ができたというのを読んで、…

まじない

サイキックのお坊さんのマンガを読んでいたら、「印や真言を真似するのはやめてください。あなたにもしまじないの才能があったりすると大変なことになります。」と書いてありました。 「1871年(明治4年)には神祇省に御巫(みかんなぎ)が置かれ、宮内省の…

いのり

祈りというのは、いったいどのくらい効果があるのだろう。以前、隕石が地球に落ちそうになった時に、みんなで祈りましょうとNASAかどこかが呼びかけたぐらいだから、きっと何かあるのだろうと思う。 しばらく前に、「魔女入門」という本を読んでいたら、…

「月をおろす」メモ 2

・現世利益的な恩恵はなさそうだと思っていること。それとも何かあるのだろうか。権力欲?それでも七年周期で殺されるとわかっているのに? 魂の希求? ・どちらかというと、長い年月のうちに少しずつたまってきた歪みを正し、澱を浄化し、払うような作用に…

「月をおろす」メモ 1

推測 ・月をおろすというくらいだから、力持ちでないとだめだろうということ。 ・妖精王といえども地位だけでは無理で、人の持つ何かきれいな要素、澄んだ状態、管の通ったような関係が作れないと月は下せないのではないかということ。

海王星

そこには何があるんだろう。 目隠しされていても、見えない分より感覚が発達する事もある。見えないものや、かそけきものの気配を感じとるのかもしれません。 海王星は、イマジネーション、見えないけれどある夢や心の中の世界。私がとても困っていて、知り…