読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炭鉱の抜け穴

不可解なことの覚書 チラシの裏

2016/12/07 (水) 19:34

「本当に嫌なんかもしれん」と笑いながら話ながら通っていった女学生たちがいた。ほのめかしだろうか。 どのように見せかけてきたのだろうか。 私はいま『結界師』という漫画を読んでいて、22巻に脳洗い部屋というのが出ていた。「強制的に記憶や人格を操…

朝の記録 悲しい事

2016/03/09 (水) 23:48 昨日は、また猫の死骸を朝見ました。 故意ならとても酷い。 その日の朝、気がついたら悪口を口に出さずに繰り返していたので光明真言を唱えようとしたらなぜかどうしても思い出せなくて、お経を読んで確認してしまった。 猫ちゃんがち…

はふりのしんじ

2016/02/26 (金) 7:32 祝の神事の愛魂を重ねるということは、もしかしてこういうことかと思い出したのは、『大霊界 神々の不思議と謎』隈本 確の本です。 016/03/09 (水) 14:15 祝の神事について、こういうことかと思った本は、部分だけ書いたりすると曲解さ…

電磁波被害

2016/02/19 (金) 19:19 どうしてパソコンをつけたとき、机の前に座るときちょうど私が座る位置に特に電波が当てられて電磁波被害で集中できないからマスキングのために何かつけっぱなしに流しっぱなしにしないと余計しんどいからだなと最近当たり前になって…

2015/06/18 (木) 11:58 

私はときどきこれでいいのかなと思うけれど、一昨日も昨日も大きなきれいなカラスの羽を見つけたから、ゴーサインでいいのだと思う。否定的な言葉を浴びせられることがあるけれど。 それでは私のわかったこと感じたこと、証明の難しい事柄について、記憶が消…

呪術 思い出したこと

昨日、『呪術探究 巻の二呪詛返し(原書房)』という本を読んでいたら、思い出したことがある。いつだったか忘れてしまったけれど、去年か一昨年か、自分の部屋にいたら、心臓が変な具合になってつったようになって横になって様子を見ていたら、少し離れた家の…

成長に必要なもの

ゴールデンウィーク終わりの日に献血に行った時に、『ブラックジャックによろしく』を読んでいて、昔の透析の話が出てきて、その頃の技術では子供が透析を受けると子供のままで体の成長が止まってしまうとかかれていました。たぶん成長に必要なものまでとっ…

健康診断 2014

12月に健康診断の結果が返ってきました。 良くなっている箇所があり、とてもうれしいです。 ずっと貧血気味だったのが改善されたのと、血圧が低かったのが基準値になっています。コレステロールは相変わらずバランスが悪いようです。総コレステロールはダ…

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 14

以前紙粘土が余っていたのをもらって、何か作ろうと思って検索していたら、懐かしいなあと思った本があり買ったものです。去年購入していました。 『かないともこの ねんどの お人形さん』という本で、私が子供の頃すごくよくみかけていました。初版が昭和5…

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 11

2001年に被害に気が付いて、それから 『コーリング』のサイベルのすべてが止まった冬の世界の時ような期間が長いことあり、それでも、占星術的にどうなのだろうと興味があり、私にとって命綱になったような人達やオルフェウスのような人たちとのホロスコープ…

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 10

占星術的感想 私がホロスコープを作るということをした最初の本は紫色の表紙の本で、色が好きだったからか、子供の頃に図書館で手に取りそれから自分でもだいぶ後になってから買って今もあり、いいことも悪いことも書いてある本だけど結構好きだ。それは自分…

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 9

その人にだって、40年以上生きていたら昔は付き合いがあったけれど、今はもう終わってしまった人間関係だってあるだろう。縁が切れたり、自然にそうなったり、変わっていってとどめることができないことや、密度の濃い抜き差しならない嫌なものに変わって…

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 8

気持ちが落ち込むときに外に出て、晴れた日でお日様を浴びて猫を眺めると救われます。 スピリチュアルなことに関して、そんなに日常生活で気楽な話題として話せるようなことではないし、ブログに書いている人も日常では出さないで生活している人も多い事柄な…

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 7

まだメモ書きが数枚残っていて、何を書きたかったのか自分でもわからなくなりかけていて、でもどうやって書こうかと消耗する時間が過ぎていくのも疲れたので、思いつくままに書き進みます。 もしもその人が、私にとって例外で特別な大切な人になり、尊敬する…

バルサミックムーン  トゲトゲ ささくれ 6

今年の春ごろの旅先で、列車を待っていたら結婚式の帰りなのか、私を見て急に思い出したように、「そういえば誰それの結婚が決まったのに、まったくいちゃいちゃとかないのよ。」と話し始めたおば様方がいました。 もしかして、その連想のもとになった人がい…

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 5

ところで、おみくじを引くたびに3回ぐらい続けて縁談の個所は、さわりありとか、騙されないようにとか出たので、その頃、神様から見て許可できないような何かがあったのだと思います。こういうことは今までなく、たいていの場合、あまり印象に残らないよう…

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 4

魔法…。 自分では魔法があるつもりでも、良い魔法を使うとしたら、チャペックの郵便局の小人のいうところのジャックでしかなかったものを、ハートのエースと思い込んでいた人では、本当のエースの人にはかなわないのかもしれない。「余裕があったほうが、本…

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 3

映画で、『さよなら レーニン』という映画を見たことがある。随分前に見た映画だったと思うけれど、今でも覚えているのはしみじみと良い映画だったのだろう。ベルリンの壁が崩壊したのを知らない母に、それまでの共産主義の世界を演出する。それは愛情が根底…

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 2

不穏な他人の思惑 意図にそう趣味 誰だって自分の日記をこっそり読まれたり勝手にスカートをめくり続けて 真実が本当の事が大事だと、さらし者にされるようなことは嫌なことはずだ。 昔、若い女の人がいたずらされて、(たぶん集団での)相手の身分が高かっ…

バルサミックムーン トゲトゲ ささくれ 1

誰かにとってはろくでもない話かもしれないし、先ほどアクセス解析を見たら、読んでいる人のことなど、ほとんど気にしなくてもいいけれど、それでも私にとっては、書かないと先に進めないことかもしれないし、書いておこうと思う。 随分前に、メモの裏に書き…

ほのめかしやテレビについて 

時々あざけるように「幼稚園から」というほのめかしをきいた。そもそもなぜ何の罪もおかしていない子供を、そのようにつるし上げるようなことをして見世物にしなければいけなかったのかわからない。 今でも私はそのようなことがされなかった人生を夢見ます。…

2014/07/04 (金) 0:56

今日は睡眠妨害の嫌がらせ電波が強いです。 声も聞こえています。「いつまでいってもとおらーん」「いかーん。いかーん。」「中学生レベルじゃなかったけんなんよ。」「中途半端じゃ通らん、なんぼしたってとおらんのよぉ」「嫌われとったら何してもいかんの…

星  8室海王星

4月に、グランドクロスがあって、どんな影響があったのかと思いました。それ以前にもあったけれど、今回はそれほど、自分に個人的に引っかかってないのか、大変な感じはしていません。あったとしても、今まで見えていなかったものが現象として表れて、長期…

雨の朝

声お化けの被害は相変わらず続いています。気になるとすごくイライラするのでそれが目的でしょう。声お化けとは、私にはわからないハイテク被害による音声の送信です。私にだけ聞こえているわけではなさそうで、同じ内容のことを通りすがりの知らない人にほ…

春愁

ほかの人の被害のブログも読ませてもらって、苦痛の中、理性をもって被害を訴えている方を、相手は私に対して非友好的かもしれないが、それでもその被害に対しては嘘じゃない、本当にあって大変なことはわかるということは伝えられたらと思ってボタンを押す…

2014 1/14 最新おみくじ

最新おみくじ 2014/1/14に引いたものです。 報告するまでもないのですが、もしも読んでくださっている方がいるのなら、「しばらく待て だまされるな 」とあり、同じような内容が繰り返し出てくるのがおもしろいと思います。書きたいと思っていることがいろい…

先週の

『日曜日、近所で知らない男子中学生二人が通っていったとき、「殺してしまったんやろ」といって通っていった。私についての噂話だろう。昨日(12/3 火)は「どうする?」というようなことをいっていった知らない若い男の人。どうしようもないだろう。こんな…

ハロウィン

今朝は、高齢の朝の散歩中の夫婦らしき人を見掛け、男性のほうが赤い服を上着の下に着ていて、なんだか気になって、良い意味だと思って何となく元気が出たのでした。 ハロウィンだったためか、奇妙な不思議な夢を見ました。バスに乗って観光地に向かっている…

行列

昨日は道で夕方カラスの羽が落ちているのを見て、今日の朝、2回鳴きました。烏はいつでも鳴いているではないかといわれるとそうなのですが、なんだか自分に向かって鳴いてるようだと感じるときの鳴き方で、今回は2回鳴きました。カウントダウンの続きなら…

例えば   書店の星占いの本

別に一般書店で売っている占星術の本が悪いわけではないし、そのことについて何かいうこともないし、私も好きで読むほうだから、楽しんで読めればそれで何か得るものがあったならいいことだと思う。 ただ、あの頃私がしりたかったのは、「ハリー・ポッターと…

刷り込み

しばらく前に日焼け止めが無くなったので、何か買おうと思って、いいと思ったのがあったのですが、裏を見てメーカーを見て、そのまま気にしないで買おうと思ったんだけど、やっぱりそうしようと思うんだけれどなんだか体が言うことを聞かなくなってしまって…

ほうい

悪い男に騙されんようにってその一員が父だったらどうすればいい。わたしの父にわたしの人生を勝手に決める権限はありません。 本来突っ張らせるべきではない欲の皮も作用した救いようのない被害とも思われます。お遍路をしていて、思うのは、業がいっぱいあ…

タイミング

すべてを虚しくつまらなくする魔法があるとしたら、それはヤラセと変な工作と盗聴盗撮によって作られるのだろう。 自分には趣味ではなくそういう柄でもなく世代も違い、あまり知らないし、ファンでもないアイドルでも、自分より上の世代のひとに圧倒的に人気…

カラスの羽

からすの羽を道で見つけるのは、どのくらいの確率なのだろう。今朝起きたら、カラスが鳴いていて、何か言っているみたいで、4回鳴いた後に、次に3回鳴きました。何か伝えたいことがあるのかというような、声がこちらに向かってきていたので。以前もだんだん…

落書き

7/20の土曜日は、短いトンネルのようになった通路の壁に書くのが憚れる様な落書きが、大きな赤い字で書かれてあった。普段は通らない道で、土曜日は通る事の多い道です。偶然翌日通ったら、白い色で上塗りされていて、見えなくなっていました。 不愉快ではあ…

追体験

「追体験するのは、一人でいることは全然ない。必ず他人といる場面しかないんですね。」もしもそうならば、死後の世界で、生きていたときを追体験するとき、技術が進んだ結果生まれた、ビデオやテレビ電話や、映像や、電話やそれらとのかかわりはどうなのだ…

度忘れ

確かに覚えているのに、顔も姿もわかるのに名前だけが一時的に消されてしまったように出てこない瞬間がありました。思い出す必要が過ぎたら当たり前のように思い浮かんだのですが。別の人、別の時間でも以前同じ現象があり、どうしても思い出せなくて、一種…

雨宿り

昨日は、雨が降ったりやんだりで、出かけて外に出たら雨が降っていて、しばらく雨宿りをしていたら、ほのめかしらしき言葉。人の好さげな年配の男性が、「まさか 出てくるとは思わんけんのう」と、連れの男性とうわさ話らしきことを。若者の「嫌われてる」系…

銀杏

昨日、家に帰ってから、あまりそのような事はしないのですがなぜか捨てずにとってあったマンガ雑誌の過去2年分くらい読み返しました。声お化けのほのめかしは相変わらず続いていて、それで何となく、あの雑誌に「官打ち」について書かれていたのがあったのが…

声お化け 聞こえてくる内容

声お化けの繰り返し。今日も続いている。いじめられよったんよ。 幼稚園でも小学校でも中学校でも高校でも放送大学でもいじめられよったんよ。 中途半端じゃいかん。いじめられとったらいかん。 嫌われとったらいかんのよー。なにしてもいかんのよ。 私を不…

ほのめかしの種類

最近のほのめかしは、「ほんとにおるん」、「頭が悪い」、「幼稚園から?」「小学生みたい。」などが多いです。 「ほんとにおるん?」 何のことかよくわからない。昔書いた、高校の同級生の女の子一人にしか見せていない、ノートの登場人物についてなら、一…

災害

3.11の震災にも関わりのあるカウンセリングをしているらしい人のツイッタ―をたまたま読んだときに、そのころの辛さや気持ちをようやく口に出来るのが今頃だというようなことをしばらく前に読んだ。 2005年のクリスマスは、やたらとハイテンポの「赤鼻の…

寝る前

このところ(声お化けの被害に遭い始めてから たぶん2012年の春頃から)、寝る前の準備がいろいろ大変です。アルミの付いたついたてを立てて、電磁波シールドの布を被り、足首にセルパップをくっつけた保温の布を巻き、首回りにも3Mのテープで貼り付けます…

月の位置

以前、生き神さまとしてあがめられる女の子の特集をした番組を見たことがあった。 クマリ(Kumari、Kumari Devi)はネパールに住む生きた女神である。密教女神ヴァジラ・デーヴィー、ヒンドゥー教の女神ドゥルガーが宿り、ネパール王国の守護神である女神タレ…

星占い

しばらく占星術の本からは遠ざかっていたのだけれど、この前『しあわせ占星術』著者まついなつき 監修 松村 潔 を読んで、思い出したことがある。占星術の本は一時期熱心に読んで、シリーズで出版された日本語の物も結構集めたのだけれど、読むのも解釈する…